Hospital Up Diary

医療事務のホスピタリティー向上委員会

病院で支払う医療費の【自己負担分】を知っておこう

 

               f:id:Hospital-UP:20190724052819j:plain

病院で支払うお金についてまずは、【自己負担割合】を知っておくことはとても大事なことです。通常の診療では【自己負担分】と【健康保険負担分】に分かれています。自身が支払うべきお金がどの程度の割合であるのかは、せっかくですから知っておきましょう。

 

医療保険制度を見てみよう 

        f:id:Hospital-UP:20190718081825j:plain

日本の医療保険の仕組みは「国民皆保険」です。国民はなんらかの保険組合に所属していて、そこに保険料を納付しています。基本的に保険料は給与から差し引かれているはずです(T_T)/~~~ 国民健康保険に所属している人は市町村への保険料を納付しています。

医療機関を中心にみると、患者から「自己負担分の支払い」と「審査・支払」と病院へのお金矢印が2ヶ所ありますね。この2つの支払いの割合は人それぞれで、個人の支払い金額が違ってきます。この負担割合は健康保険法で決まっているため、工夫すれば安くなると言う訳ではありません。

医療保険制度についてのはこちらをご覧ください。

 

年齢により自己負担分が違う

 


f:id:Hospital-UP:20190724055212p:plain

 

出典 保険比較ライフィ

6歳(小学校前まで)以下は2割負担。6歳~70歳までは3割負担。70歳~75歳までは2割負担。75歳~は1割負担。と、高齢者は年収により負担が3割の方もみえます。これは、所属している保険組合や国民健康保険でも割合は変わりません。ブログを見られている方のほとんどは3割負担の方が多いんじゃないかなと思います('◇')ゞ

なので単純に1000円の治療を受けたのであれば、3割負担で個人支払は300円になります。75歳以上は1割負担の100円になります。残りの7割や9割は保険組合へ請求されて、我々の知らない所で支払いが済まされています。

高齢者の自己負担分の違いを確認するために、「高齢者受給者証」というのが発行されます。これも保険証と合わせて病院に提示する必要があります。

さて、自分がどの割合で医療費を支払うかわかりましたか('◇')ゞ

 

自己負担分を減らす制度もあります

代表的なものに「子ども医療」「障害者医療」「ひとり親医療」「精神障害医療」「労災保険」「高額医療費制度」などがあります。特に「子ども医療」や「ひとり親医療」などは生活状況そのものが制度の対象となるため、すぐに役所窓口で申請されるといいでしょう。入院をさせる方は「高額医療費制度」の対象となる方がほとんどですので、こちらは会社あるいは役所窓口で申請されると良いでしょう。 

具体的にはいくらかかるのか

 f:id:Hospital-UP:20190718194135j:plain

 医療費はその時に行う、診察・処置・投薬・検査等の出来高制】になります。なので、実際にいくらかかるかは分かりません。外来で高額とされるMRI検査は約20,000円になります。それの3割負担で6,000円、1割負担で2,000円となります。プラス処置を考えると約2万円あれば、たいていの外来診療はまかなえるのではないでしょうか。

最近ではキャッシュレスが進み、病院でもクレジットやQRコード決済ができる所も増えています。ご心配な方は、支払い方法の確認も一度してみてはいかがでしょうか('◇')ゞ

 

 

簡単にまとめましたが、自己負担ってめちゃくちゃ安くないですか!!特に病院へかかるのは、高齢者の方が多いです。高齢者は自己負担が少ないので、もちろん病院へのアクセスはとてもしやすく医療を受けるハードルは低くとても良いことです。でも、だから医療費の財政圧迫がすごいんだ!と日々感じます(+_+)

やはり、所得も貯蓄も少ない30歳代までは自己負担を減らしてあげた方がいいんじゃないかなと個人的には思う所ではあります( ;∀;)医療の仕組みって間違ってんなぁと感じるひとつです。若い人も選挙へ行ってここら辺も改善していきましょう( `ー´)ノ

 

全国健康保険組合HP

保険医協会「公費負担医療等の手引き」

医学通信社「診療点数早見表」